子育てを楽しく♪育児情報ブログです!(※不手際で画像が消えてる記事があってすみませんっ!順次直してます)

ネェネのアトピー疑惑。漢方医のシンプルな食事指導で治った?話

  • 2013年07月08日

食べ物って大事だなー、と実感した話です。

私が自律神経の調子を崩しやすいので、15年くらい前から中国漢方の先生にお世話になっているんですけど、ネェネが2歳のころ一緒に連れて行ったら、先生に「アトピーみたいね」と言われ(;-;)


確かに、肘や膝の裏のあたりがなんとなく茶色くなってきちゃってたんですよね。ダリダリ♪’sママには「よく洗ってやるんだよ」なんて言われてたんですけど。

えーっ、これってアトピーだったの?! 
先生のところには、皮膚のお悩みで来院している方もいるので、ビックリ。

幸い、まだ、はっきりアトピーだ、という状態ではないみたいだったのですが。

「医食同源」というし、やっぱり食生活改善かなー? 

でも、私も体調イマイチだし、ダリダリ♪も結婚後太ってきちゃったので、食事にはずいぶん気を遣ってきたつもりなんだけど。

添加物とか農薬とか心配だから食材宅配を利用したり、野菜を多くしたり、脂っこい物は控えたり、なるべく和食、と栄養バランスを考えて……それでも、ネェネは好き嫌いが多いし、少食だし。

一体、これ以上、何を食べさせればいいんでしょうか~(><。)
気持ちは半べそな私。

すると、

「なんでもいいから、『好きな物』を食べさせる」

返ってきた答えは、いたってシンプルでした。

先生によると、子供は栄養バランス云々よりも「食べること自体が大事」だそうで。
「もっと太ったほうがいい。おしりにアトピーはできない」とのこと。

確かに、それまで母乳でぷくぷくだったネェネが1歳すぎてから急にスリムになっていき、当時はちょっと細めだったんですよね。

その日から、脂とか添加物とかが多くて体に悪いんじゃないか、と控えめにしていたカレーやシチューなど、いわゆる「お子さまメニュー」も作るようにして。

すると、ネェネの食べる量が増えるにつれ、肌の黒ずみが消えたんです! アトピーは「疑惑」のまま終えることができました。

でも、まだぜんそく持ちのネェネ(薬でコントロールして発作は出ませんが)。

こちらもまず「たくさん食べることが大事」とのことで、先生から「食欲増進のお茶(※)」をもらってます。
※人それぞれ体質が異なるので、漢方は専門医に処方してもらったほうがいいと思います。なので、何を飲んでいるのかは公表しません。
 
いまでもネェネはあまり食欲があるほうではなく、しかもストレスが胃にくるタイプ。

栄養も大切だとは思うので嫌いな物でも食卓にあげ、「いつか食べられるようになるから練習」と言いつつ、基本、「食べられるものを食べられるだけでいいよ」となるべく食べやすく、プレッシャーをかけないように接しています。



子供の病気・予防・健康

────────────────────────────────

スポンサーリンク


▲TOPへ