子育てを楽しく♪育児情報ブログです!(※不手際で画像が消えてる記事があってすみませんっ!順次直してます)

キッザニア東京☆保護者向け地図を発見&赤ちゃん休憩所が新しく

  • 2012年05月14日
春休みにキッザニア東京に行ってきました♪ ……気づけばもう5月。ゴールデンウイークもとうに過ぎ……ご報告が遅れてすみませんf(^-^;)

■「保護者のためのCity Map」発見


1階のインフォメーションデスクで『保護者の皆さまへ ようこそ!キッザニア東京へ』というリーフレットを発見しました。
 

中に「保護者用の地図」が♪


去年までは大人も地図が欲しい場合、インフォメーションで子供用の「コピー」をもらってたんですよね。ホームページ(http://www.kidzania.jp/tokyo/activity/index_map.html)の「シティマップ」を印刷して持っていってもいいんですけど、忘れちゃって(^-^;)ゞ

アクティビティが「保護者入場可」のものしか載ってないのが不便ですが、「食事や休憩ができる場所」「授乳室」「トイレ」や「おむつ交換台」の場所もあってわかりやすい。

インフォメーションデスクは、入場口から場内に入って右に進んだところのお土産物屋さん(ナショナルストア)前。リーフレットは、そのそばのラックにありました。


■中は3月でも暑かった&ウルバノハウス閉鎖・新パビリオンに


行ったのは3月末。外はまだ少し肌寒かったのですが、場内は暖かいのを知っていたので、入り口前のコインロッカー(200円)に上着を預けて入場。(コインロッカーは、ほかにもららぽーと豊洲内や豊洲駅にも)

当日は赤ちゃん休憩所「ウルバノハウス」が工事のため閉鎖されていて、

「歯科医院」のパビリオンの隣(上地図の丸印)に臨時休憩所が。(ホームページによると、現在は「準備中」)


 

ウルバノハウスより狭いので、中はこんな感じで、こぢんまりしてました。

遊んでいると、室温が25℃超え!
 

どうりで暑いわけだ。しばらくすると冷房が入って涼しくなりました。夏だったら最初からエアコンつけてたんでしょうけどね。

場内1階にも奥に2カ所水飲み場がありますが、水筒持参か(子供用は持ち込みOK)、ペットボトル(例:い・ろ・は・す150円)を買ったほうがいいかも。

ホームページによると、ウルバノハウスがあった2階奥は「ミルクハウス」というパビリオンに。「ミルクハウス」の中にも保護者も入れる休憩用の「乳幼児エリア」があるそうです。(粉ミルク・離乳食のサービスが継続しているかは不明)

「ウルバノハウス」なくなっちゃったんですねー。広くて居心地よかったのに、残念。

「キッザニア東京の駐車場料金☆少しでも安く済ませる方法」はコチラ 

「キッザニア東京」その他の情報は→年が離れたきょうだいでも<おすすめ★レジャー>

────────────────────────────────

スポンサーリンク


▲TOPへ